引き続き主人の個展の案内です。

今年も東京へは、着物を着て行きました。

着物作家のやまもと 正二先生のお着物です。
  

なんか着物ばっかりお褒めいただきました。

  だけどやっぱり大好きな着物を着ると気持ちがしゃんとします。
  宮坂画廊での個展は主人にとっても私にとっても1年間の中でとても重要な1週間。
  
  よそ行きのお洋服など持ってない私としたら、着物の方が気持ちが張り詰めて、気合が入ります。
  もちろんメークも普段かなり適当ですが、この時ばかりは、きちっとするんですよ!

d0162481_23405573.jpg


[PR]
by BLueStone2004 | 2013-09-26 23:42